ホーム > 小児歯科

小児歯科

当院の小児治療に対する考え方

小児歯科
小児歯科といっても当院では、歯がはえたばかりの赤ちゃんから高校生までと、かなり幅広い年齢層のお子さまがご来院されます。お子さまの気持ちと親御さまの気持ち、いずれも大切にしながら、最良の治療を提供しております。

お子さまは、大人と違い成長の過程にあるため、将来を見据え正しい口腔ケアの習慣を身につけていただきたい時期でもあります。当院ではむし歯の治療や予防だけでなく、お口の健康管理をすることで、子供さんの全身の健康増進をお手伝いしていきたいと考えています。広い視野にたった医療を心掛けています。

虫歯の治療

治療の導入
治療の導入
「歯医者さんがコワイお子さま」は、時間を掛けて少しずつ、歯科医院という環境に慣れていただくところから始めましょう。はじめは、治療から行なっていき、そして必要な治療まで進めていきます。なかなか慣れないお子さまは、通院回数が増えてしまいますが、お子さまが自分で口を開けるようになると、自分に自信ができ、自分の意志で治療を受けてくれるようになります。
また、当院では「なるべく削らない方法」で治療を進めています。
むし歯の検査
治療の始めは、まず検査から。削る必要かあるか、どれくらい削るかなど、検査に基づき検討します。
「奥歯の溝」の虫歯について
「奥歯の溝」の虫歯について
奥歯には、窪みのような「溝」があるのをご存知ですか。この溝は、食べ物をしっかり噛みこめるようになっているのですが、当然、汚れはたまりやすいし、むし歯になりやすい部分といえます。 もう一つ、歯の表面つまり「溝の表面の質も弱い」といわれています。

そして、深い溝にひそむ虫歯は、なかなか見つかりません。しかも、ここにできた虫歯は進行が早いので、悪化してしまってから発見されることも、よくあります。
学校や会社での健診で指摘された時は、中の神経の近くまで悪くなっていたということも、よくあります。
ダイアグノデント(溝のむし歯検査器)
ダイアグノデント(溝のむし歯検査器)
当院自慢一つ。奥歯の溝の虫歯も、レ-ザーをピッとあてただけで、その深さがわかるすぐれもの。泣いたり、お母さんが抱っこしたままでも、正確な診断ができるので、お子さまの虫歯の診断には手放せない。

検査により10以上の数値だと治療の必要性を検討します。
ダイアグノデント(溝のむし歯検査器)
危険な年齢
小児歯科

この三つの時期に「溝の深い」新しい歯がはえて来るので、よく注意をした方がいいでしょう。

  • 乳歯の奥歯の生える2、3歳
  • 第一大臼歯(6歳臼歯)の生える小学1年生ごろ
  • 第二大臼歯(12歳臼歯)の生える中学生ごろ
小児歯科特有な治療について
笑気ガス
甘いにおいのする「笑気ガス」は吸入マスクで鼻から吸いながら治療を行ないます。
 笑気ガス
からだが心地よく暖かくなり、緊張が和らぎ疲れも少なく、リラックスして治療を受けることができます。笑気ガスの濃度を調整することで、麻酔の注射や治療中の痛みが軽くなります。
ラバーダム防湿(必要なケース)
 笑気ガス
子供さんのお口の中は、歯と舌やほっぺのお肉が非常に近接しています。
お口の中を傷つけないために、しかもお水がのどに入らないよう、ゴムのマスクを使うことがあります。
お子さまの虫歯予防のために
当院では、基本的にフッ素塗布は二回法で行なっています。
2回目の塗布に来院された時には、フッ素の塗布だけでなく、お子さまの歯みがきの様子などをチェックします。磨き方に癖があるので、それぞれのお子さまに合った磨き方を指導していきます。その後、濃度の高いフッ素を塗布するとより効果的です。

当院では、お子さまの食事指導やおやつの指導も行なっています。

フッ素の働きのポイント
・強い歯になる 
フッ素を取り込んだ歯は「フルオロアバタイト」に変化します。これにより酸に強くなります。

・抗菌作用
歯周病の原因の一つでもあるプラークの中の細菌の繁殖を抑える効果があります。

・再石灰化が進む
細菌が抑えられた結果、脱灰が抑制されて、石灰化が進んで強い歯になります。


当院では、お子さまの食事指導やおやつの指導も行なっています。

歯並びの治療

歯並び
成長発育期では、ちょっとしたことが原因で、大きな不正咬合につながることがあります。
その原因を早めに発見し治療することによって、整った歯並びに導いていくことができます。
不正咬合の原因によっては、おなじみのワイヤーによる矯正ではなく、かみあわせの調整や、マウスピース、単純なアーチ状の装置、拡大床など、お子さまに負担を掛けない、シンプルな器具を使った治療も可能です。

例えば、幼い子の受け口などは、早期診断することで、その後の治療をスムーズにできます。早めにご相談ください
治療方法
トレイナー
●トレイナー ・・ 過蓋咬合、上顎前突、下顎後退
口呼吸・正しくない飲み込み・舌突き出し のような筋機能の癖が治されずに放置されれば、正常な顔の発達や、将来の歯列矯正に有害な影響を与えます。

トレイナーの機能
出っ歯や、噛むこみが深い、などのかみ合わせを治し、上下のあごの位置を整えていきます。また、口腔筋のトレーニングの効果があり、無意識時にくちびるが閉じているようになったり、嚥下時の異常な癖を治すこともできます。
結果的に軽度の歯のでこぼこを治すことにもなります。

使用法,使用期間
起きている間の1時間と寝ている間中の使用です。
6ヶ月から24ヶ月
ムーシールド
●ムーシールド ・・ 下顎前突
下あごの成長を正しく誘導することで幼児期の受け口をなおします。

ムーシールドの機能
筋機能のアンバランスを整え、調和を整えていきます。
特に、反対咬合の原因の一つである舌の位置を修正することによって、健全な顎の成長を促していきます。

使用法,使用期間
起きている間の1時間と寝ている間中の使用です。 6ヶ月から12か月
 
ムーシールド
●プレオルソ (大塚式矯正)
      ・・ 上顎前突・過蓋咬合・叢生・開咬・下顎前突
多様な不正咬合に対応できる、新しい治療法です。
シリコン由来の非常に柔らかい素材なので、子どもが一番いやがる「痛み」が出にくい装置で口呼吸を、鼻呼吸に促すことができる装置です。

プレオルソの機能
トレーナーやムーシールドの良い所をあわせもち、口の周りの筋肉機能を、より積極的に改善していきます。

 
ムーシールド
●リンガルアーチ・・歯のでこぼこをバネで治します。





ムーシールド
●拡大ネジ付床装置 ・・ 歯列アーチの拡大
装置のプラスチックの中にネジが埋め込まれています。
このネ

症例

Iさん(トレーナー)




Yさん(トレーナー)


Sさん(トレーナー)


Sさん(ムーシールド)


新着情報

一覧を見る

2018/06/12

2018年 夏休み恒例
  あんどう歯科小児歯科 ハミガキ教室 決定!!

今年のテーマ
「知っている人、知らない人でちがう!?」そだね~
      +バルーンアート(何ができるかな?)

正しい虫歯予防について、クイズや実験で楽しく学んでいきましょう。

場所:あんどう歯科小児歯科医院
日時:2018年7月28日(土) 
   14:30 ~ 16:30 ごろまで
対象:小学生(当院を受診したことがない方でも参加できます)
定員:12名

参加費:無料

※予約制ですので、お電話で予約をおとり下さい。

2017/10/17

あんどう歯科
小児歯科 
恒例! クリスマス会決定 !
今年のテーマは、
「損する人!得する人! お鼻で息をして賢くなろう!」
 ~お鼻とお口の大切な仕事~

日時 : 2017.12.16(土) 
            14:30~16:30
対象: 小学生

詳しくは、後日掲載のスタッフブログをご覧ください。

2017/09/28

H29.10.1 より 駐車場が1台増えました。
これまでご利用いただいていた、ダイアパレスマンション11番駐車場に加え1番駐車場もご利用いただけるようになりました。11番駐車場の隣の12番駐車場は違います。奥側の1番駐車場です。お間違いのないようお願い致します。

アクセス


大きな地図で見る

〒815-0071
福岡県福岡市南区平和1丁目2-18

お問い合わせ 詳しくはこちら